42歳男、願掛けによって人生そのもこも変えられました!

私は42歳になる男性、会社員であります。私は仕事で営業職のほうをしているのですが、ある時大事な会議に参加することに決まったのでした。私はそれまでは会議に参加するほどの能力も知識も経験も全くありませんでした。ところが決まった以上は、しっかりと会議を迎えれるようにと思い、私なりに対策を考えたのでした。そして、またその会議が無事に終えれるようにと私は近くの神社へと願掛けに行ったのでした。そして、しっかりと無事に会議が終えれるようにと念入りに願ったのでした。そして、いよいよ会議が始まり私もまたしっかりと質疑応答に応えることが出来ました。緊張感だけしか残っていませんでしたが何とか無事に終えることが出来たので本当にホッとしたのでした。そして、改めてその願掛けしにいった神社へとお礼を言いに行ったのです。そして、それからは会議にも度々参加することになったので私はしばらくは願掛けを込めて、またその神社へも良く通うようになったのでした。そして、今なのですが未だに毎回では無いのですが願掛けのため神社へのお参りには行くのです。因みにですが、最近では更に家にあるお札に手を合わせてみたり、または家を出るときには必ず右足からなど様々に増やして行ったのです。またそのおかげあってか最近では不幸なことよりも幸せなことの方が良いのは間違いありません。最近では願掛けのために行ったことがあったのですが、おかげさまで妻に子供が出来たので、やはり私の心の中では願掛けの効果があったように思えて仕方がないのです。また、願掛けと言っても、これもまた人それぞれですので一概に人にはオススメ出来ないのも事実であります。最近では願掛けするほどの余裕もないのですが、私にとってはこの1度の願掛けのおかげでかなり、人生が大きく変えられたような気がしています。たかが願掛けされど願掛けと言っても過言ではないぐらいです。願掛けとは本当に強い味方でもあり、また少し怖さも感じるものだと思いました。